ラ・マンチャの男 観劇♪

現在帝国劇場で上演中の「ラ・マンチャの男」を観てきました。

これ、チラシを見ると「松本幸四郎 in ラ・マンチャの男」なんですね(^^;)
日本での初演は1969年。
46年間、松本幸四郎さんが主役を演じているわけです。

実は日本の公演は初見でした。

2007年に韓国のカンパニーが、チョ・スンウさん主演でこの作品を上演し
私はとても感動しました。

やはり一度は日本の公演も観ておかねばと思ったのと、今回のアルドンザ役が
霧矢大夢さんだということが決め手でした。

でも…
率直な感想をいうと、幸四郎さん以外で見たかった…。
そうしたら、もっとこの作品は輝くのに。

鹿賀丈史さんがジキルとハイドをやっていたときの気分に似ています。

確かに幸四郎さんはさすがだなと思うところもありました。
でも、とにかく声が聞き取りづらい!!

昔からでしょうか?それとも年齢によるもの??

大切なセリフのひとつひとつが、とにかく聞きとりづらいのです。

この作品の要ともいえる曲「見果てぬ夢」もがっかりしてしまいました。

幸四郎さんのまわりを固める役者の方々が上手いだけに
残念でなりません。

まわりを見渡すと、いつもの公演に比べて格段に年齢層が高いのです。
初演の頃から幸四郎さんを見続けている方たちなのでしょうか。

この方のラ・マンチャの男を楽しみにしている人が確実にいるということを感じ
複雑な気分になりました。

あ、きりやん(霧矢さん)は、とっても素晴らしかったです。
宝塚男役の宿命、高音に苦労をされていましたが
この役は彼女の当たり役になることでしょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

フリーエリア

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

テナタク

Author:テナタク
【好きなこと】

・愛犬タクトと遊ぶこと
・ミュージカル観劇

【好きな俳優】

香寿たつきさん
(元宝塚星組トップスター)
井上芳雄さん
(ミュージカル界の貴公子)

【好きなミュージシャン】

藤澤ノリマサさん
(ポップオペラ界の貴公子)
TOKUさん
(ジャズミュージシャン)
XJAPAN

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア